image2

座長BLOG

【無=魂の名の由来】

1996年に旗揚げした無=魂は実はいっとき別の名前であった。

 

当時の名称は今思うとかなり笑えるが、

「劇団ここでもやっています」であった。

もはやこの当時の名称を知ってるお客様は相当レアである。

 

さて、もとい何故こんな名称になったかと言えば、

当時のチケットガイドがあいうえお順掲載だと言うことで、

ここ←から名前が始まればガイドブック掲載順が上部となり、

もしやお客様の目にとまる可能性が高いのではないか?と言う

恥ずかしながら酷く安易な、しかしながら若かった青二才の我々にとっては、

それなりに大真面目な理由からであった。

 

旗揚げ公演の『GET OVER IT』が閉幕した後、

右も左もわからなかった自分は芝居の世界に魅了されていった訳だが、

その後に多くのお客様のお力添えに支えられて、

劇団代表作の一つとなった『桜-SAKURA-』シリーズ4部作を書き始めるにあたり、

まず違和感を感じたのが紛れもなくこの劇団名であった。

 

つまりは下記に記すこのような経緯であった。

 

初めに、何もない無の空間がただポツンとあって、

脚本、演出と言う土台が組まれるところから芝居はスタートする。

そこに、大道具や小道具などの舞台設営がなされ、

情景を彩る美しい照明技術や、場を盛り上げるあらゆる音楽が流れる。

更にシーン効果を後押しする衣装や美粧が加わり、

役者が各々の創り上げてきたキャラクターを持ち込む。

 

しかし、芝居はそれだけでは成立しない。

 

最後のキャストは紛れもなくお客様である。

劇場の最後のキャストであるお客様をお迎えした瞬間に、

それまで紙の上に描かれているに過ぎなかった『無』の空間には、

とてつもない力をもった『魂』が宿るのである。

 

舞台はお客様を含む総合芸術であり、

『無』は支えて下さる多くのスタッフやお客様によって、すなわち『魂』を持つ。

 

安易に命名されていた劇団名は直ぐさま改称の運びとなり、

代わりに『無=魂』の名はごく自然に、しかし必然として誕生したわけであった。

 

【座長TERU】

 

TERU Private Facebook

https://www.facebook.com/teruhirouto

—————————————————————————-

#MU=KONの公式SNSです。

是非フォロー宜しくお願いします !!

 

○SHOWGEKI MU=KON Official Facebook

https://www.facebook.com/showgekimukon

○SHOWGEKI MU=KON Official Instagram

https://www.instagram.com/showgeki_mukon_official/

○SHOWGEKI MU=KON Official Twitter

https://twitter.com/teammkn

ピックアップ記事

  1. Ach MK TVに座長と條が出演しました

関連記事

  1. BLOG

    本当に有難う御座いました

    【 SHOW劇 無=魂 】《 第14回公演 》“ ONION ”…

  2. 座長BLOG

    【SHOW TIME 開宴 #1】

    これを記すのが果たしてふさわしいのかどうか、些か迷ったが、想う…

  3. mukon_logo_inkan

    座長BLOG

    【やるのか?やらんのか?】

    これからの無=魂をどう運営していくべきなのか、自分が悩み抱える…

  4. mukon_フライヤー

    座長BLOG

    【20年間の歳月】

    SHOW劇 無=魂(旧:劇団無=魂)は1996年に旗揚げ公演を…

  5. 羅針盤

    座長BLOG

    【地図】

    かくして、無=魂船は新しい型と名前を持ったわけだが、次に頭を抱…

  6. 桜

    座長BLOG

    【今、己に出来る懸命】

    2000年のミレニアム公演において、第二次世界大戦当時の神風特…

What’s New

最近の記事

  1. K_profile
  2. K_profile

YouTube Channel

チャンネル登録はこちらから

 

Official Facebook Page

  1. Performers

    【2017 花魁道中串木野魚河岸物語】
  2. 桜

    座長BLOG

    【今、己に出来る懸命】
  3. teru_performer's ch (2)

    Performers

    【2018 TERU#1】
  4. Performers

    【2018 座長 Interview#5】
  5. 杏蘭

    Performers

    【2018 杏蘭#2】
PAGE TOP